自分で頑張ろうと思ったこと

自分で頑張ろうと思ったことができなかった時、どうにも苦しくてストレスを感じます。
それを誰かに吐き出しても、文章にしても、苦しさは消えません。
私は自分の感情を表に出すことが苦手で、失敗をいつまでも引き摺るタイプなので、他のことで気を紛らわすことしかできません。

だから苦しい時、疲れた時には、映画や動画、漫画や小説を鑑賞します。
誰かの作品の中で悲しいことがあったり、面白いことがあったりすると、一緒に笑ったり泣いたりすることができます。
特にゲーム実況動画が、私の心を癒してくれます。
そのゲーム自体のキャラクターや話の展開、そして実況者の方がゲームに対して感じたことを通して、擬似的に感情を表に出すことができます。
決してストレスの原因が取り除かれたわけではありません。
しかし、作品を、他の人を通して感情を発散することで、苦しかった心が軽くなります。
その日1日の重しが取れて、また明日頑張ろうと思えるようになるのです。

よりキレイを目指す“あなた”にお奨めしたいデオドラントクリーム

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る